ダイヤモンド工事

【 概 要 】

アンカー打設の様子

中が空洞の筒状の金属(チューブ)の先にダイヤモンドの刃(ダイヤモンドビット)を、つけたものを高速回転させることにより鉄筋コンクリートをはじめ、様々な材質に対し穿孔可能です。
ほこり・騒音公害も少なく、短時間にコンクリート構造物に対して補強の必要がないきれいな孔をあける工法として、ビルの配管用穿孔等、あらゆる穿孔作業に使用されています。
また、ダイヤモンド工事による作業面は非常に滑らかなため、切り取ったコンクリートの撤去産廃作業が安全で楽に行えます。また、建材や管材を開口面・穿孔面にあと施工する工事も安全に行えます。

【 特 徴 】

  1. 仕上がり精度が要求される孔あけ工事に幅広く活用。
  2. スピーディに高精度に、コンクリート構造物の穿孔が可能。
  3. 低騒音・低振動・低コストの施工が可能。

【 用 途 】

  1. コンクリート建造物の孔あけ工事。
  2. 配線・空調・ガス・上下水道・排気口などの孔あけ工事

【 施工条件 】

  1. 電源・・・孔あけの大きさや厚みにより、100V/15A ~ 200V/30A程度。
  2. 水・・・・コアビット先端に注水しながら穿孔します。
  3. 足場等・・壁、天井内等の高所作業の場合足場や高所作業車が必要になります。

ダイヤモンド工事の様子

【 施工手順 】

  1. ダイヤモンド工事箇所の確認
  2. 道具の段取り
  3. 分電盤より電気の段取り
  4. 電動工具の始業前点検
  5. 上下作業の確認
  6. コアドリル固定用アンカー打設
  7. コアドリル設置
  8. ボーリング開始
  9. ボーリング終了
  10. コアドリルの撤去
  11. 道具の片付け
  12. 作業後の清掃

【 施工可能部材 】

 コンクリート デッキ ALC アスロック ブロック フェンス 支柱 アスファルト 各種パネル

【 留意点 】

  • アンカー打設をせず、真空パッドにコアドリルを設置し施工することも可能です。
     (※クラック、段差、汚れ等があると真空パッドは使用できません)
  • 無振動ドリルを所有しておりますので、病院等の改修工事には是非ご用命下さい。
  • スラブの逆さコア抜きも可能です。
     (※万全な水処理対策・養生が必要ですので別途ご相談ください)

【 真空パッドの設置可能例 】

 

Copyright(c) 非破壊検査・ダイヤモンド工事の株式会社日祥 All Rights Reserved.
Scroll Up